サイト担当者情報

担当者

 

人生というのは何が起こるかわからないものですね。

 

私は結婚後、長年専業集婦をしてきましたが、夫が心の病になって、2ヶ月前から求職しているため、夫の心のケアや家計のやりくりに悩む毎日です。
心の病気は、骨折などと違いどのくらいで完治するかが読めません。
それだけに余計に不安が募ります。
それに、主人の異変にもっと早く気づいていたら、こんなことにはならなかったかもなどと自分を責める気持ちもあります。
でも、私が暗くなっていたのでは、主人の病気も良くならないので、なるべく前向きに考えようと思っています。

 

うつで休職した人の中には、復職してもまた、状態が悪くなり求職と復職を繰り返す人もいるようです。
それで、本当に良くなったのか見極めるのが大事なんだそうですね。
主人はクリニックにも通っていますので、復職のタイミングは先生と話し合ってから決めることにしていますが、まだまだ先のことになりそうです。

 

人生順風満帆というわけにはいきませんが、こういうことがあると、自分のいたらなさを自覚できたり、夫の仕事の大変さをいくらかでも理解できるようになるので、悪いことばかりではありませんね。
家族のことやお金のこといろいろ悩みはありますが、前向きに歩いていこうと思っています。

 

同じ境遇の方と気持ちを分かち合うことができれば嬉しいです。