銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違い

けんか

 

お金の借入先としては、家族や親族、親しい友人などを挙げられるかもしれません。
身内だと利息なしで貸してもらえたり、返済方法についても融通を利かせてもらえます。
ただ、身近な人にお金を借りるとその後の人間関係に微妙な影響がでることもありますね。
さらに、返済が遅れたり最悪、返済できなくなったりすると人間関係がすごくこじれてしまうことがあります。
それで、そういった状況を避けるために、金融機関で借りるという人も多くなりました

 

消費者金融も銀行のカードローンも保証人や担保がいらずネット上でカンタンに24時間いつでも申し込みができるようになっていますから人気があります。

 

ただし、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングにはいくつかの違いがあるので、その違いを踏まえたうえで、申し込みをしてくださいね。

 

まず、消費者金融と銀行のカードローンでは金利が違います。
銀行の方が低くて消費者金融は高めになっています。
たとえば、みずほ銀行のカードローンの金利は、4.0%〜14.0%ですが、消費者金融のプロミスの金利は4.5%〜17.8%です。
借入限度額が低い場合は高い方の金利が適用されるので、消費者金融で借りると利息負担が多くなります。

 

もうひとつの違いは、審査の厳しさです。
銀行のカードローンは、金利が低い分審査が厳しくなっていますが、消費者金融の場合は審査を緩くして、属性がさほど良くない人にも貸付をするので、その分金利が高くなっています。
貸倒のリスクを見込んで金利を高く設定しているわけです。
消費者金融の場合、既に5,6件の借入件数があっても審査に通ることがありますが、銀行のカードローンの場合は借入先が4件を超えていると審査に通りにくいと言われています。
ですから、審査に不安がある方は消費者金融の方が無難かもしれません。

 

また、消費者金融のメリットは、即日融資が可能だったり、無利息期間付きのキャッシングがあることです。
無利息期間付きのキャッシングはプロミスのように常時行っているところもありますし、期間限定のキャンペーンで行っているところもあります。
また、即日融資は大手消費者金融は全て可能ですが、銀行の場合はまだ、一部に限られています。
即日融資可能と言っていても実際には、2,3日かかる場合も少なくないようです。

 

ヒント

このように、金利やサービスの点で違いがありますが、銀行や消費者金融のサイトには借入可能かどうかを匿名で確認できる機能がありますので、まずは試してみて、どちらに申し込むかの参考にするといいと思いますよ。

 

それから専業主婦の場合は、申し込める銀行や消費者金融が限られているので事前に確認してくださいね。
ちなみに銀行のカードローンで専業主婦も借りられるのは、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行などです。
消費者金融は大手は専業主婦は借りられないので、中堅のフタバなどに問合わせてみてくださいね。