カードローンの賢い選び方

何かを選ばなければならないときは、たいへん迷うことがあります。
今日の夕飯は何にしようかとか、どんな服を買おうかとか。
車や住宅などもっと大きな買い物をするときにはさらに時間をかけて慎重に選びますよね。
何かを購入するときは、目的や好み、予算などによって決定するわけですが、カードローンを選ぶ場合も、目的、使いやすさ、金利などをいろいろと比較してから選ぶ必要があります。

 

金利は、数%の差でも利息負担は大きく異なります。
例えば、年率18%の消費者金融で20万円を30日間利用すると、利息は20万円×0.18÷365日×30日 で利息は2958円になりますが、
同じ金額を年利14.5%の銀行カードローンを使って借りて、30日間利用すると利息は2383円です。
たった600円弱の違いと思いますが、もし、返済期間が長くなれば、利息負担の差はそれだけ大きくなります。
ですから、なるべく金利の低い銀行や信用金庫、JAバンクなどのカードローンがおすすめです。

 

また、カードローンを選ぶときには自分の属性にあったものに申し込むことも大切です。
大抵のカードローンは20歳以上で安定した収入があれば申し込みができますが、すでに借入件数がたくさんある場合は銀行のカードローンの審査には通りにくくなります。
また、学生や専業主婦、年金受給者も申し込めるところもあれば申し込めないところもあります。
ですから、申し込み条件をしっかり確認する必要があります。
確かめないで、条件に合わないところに申し込むと審査に落ちるので、無駄に自分の信用情報に不利な記録を残すことになります。

 

借り入れ

それから、借り入れや返済の際のATMの手数料は、その金融機関のATMなら無料ですが、提携金融機関のATMを利用すると、消費者金融の場合は手数料が掛かります。
銀行のカードローンは無料のところもあります。
ですから、消費者金融を利用する場合は、自分にとって便利なところに、その消費者金融のATMがあるかどうかも確認してください。

 

あとは、キャンペーンをしているところがあればその際に申し込むのもひとつの方法ですね。
キャンペーンのときは、会員集めのため、審査を緩くする傾向があるので、借り入れがしやすいと言えます。
無利息期間付きキャッシングのキャンペーンをしていて、しかも短期で返済できる見込みがあれば、お得に借入ができますよ。

更新履歴